最新記事 中国伝統文化百科 中国歴史と名人聖人 中国語の故事成語

【成語故事】背水一戦/背水の陣

投稿日:

「巨人の高橋由に豪快な一発 背水の陣で挑むシーズン」(産経新聞2012.3.6)

 

「任天堂“背水の陣” 3DS大幅値下げ

発売からわずか半年、異例の措置」(MSN産経ニュース2011.8.11)

スポーツ選手も企業も、絶体絶命の窮地に追い込まれたとき、その苦境から脱するべく「」で臨む。天命は変えようがないとはいえ、無心の境地で対処すれば、計り知れない力が生まれてくるのかもしれない。

「背水の陣」とは、次の故事に由来する。

 

漢の大将軍・韓信は、劉邦から授けられたわずかな兵で、20万の趙軍と戦うことになった。韓信はまず、2千の騎馬兵に一人一本ずつ漢の赤い幟を持たせて山陰に隠れさせた。そして自身は1万の兵を引き連れ、川を背に陣取った。

翌朝、韓信が大将の旗を掲げ太鼓を打ち鳴らしながら趙軍目がけて攻めて来ると、趙軍は川を背にしたわずかな漢軍などすぐに攻め落とせると考えて、全軍をあげて攻めこんできた。ところが、漢軍の兵士は、後ろに逃げることもかなわないため、皆必死に抗戦した。

どうにも攻め落とせないと見た趙軍が引き返そうとしたところ、自軍の砦はすべて漢の赤い幟で埋め尽くされていた。2千の騎馬兵が隙に乗じて、砦(さい)を乗っ取ったのである。それを見た趙軍の兵士は大いに混乱し、ついには漢軍に敗れるところとなった。(・淮陰侯列伝より)

韓信が川を背に布いた陣を「背水の陣」という。兵法では上策とされないこの方法を採ったことについて、韓信は、「軍をあえて死地に置くことによってかえって生き抜くことができる」という兵法もあると話したという。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

新着記事

1

煙が「立ち上る」?「立ち上がる」? 「煙が立ちのぼる」の「のぼる」は 「上る」? それとも「昇る」? これを調べるために、グーグル様にお聞き ...

2

中国・北京では、今年9月に「2021年世界ロボット大会」が開かれ、バク転できるロボット犬、ピアノを演奏するAIロボット、流暢に中国語を話す世 ...

3

11月8日〜11日までの4日間の日程で、中国共産党の六中全会が開かれ、「歴史決議」が採決されたとか。 「歴史決議」は毛沢東、鄧小平時代に採択 ...

4

12月16日夜、中国四川省楽山市の男性が点滴バッグの中に虫がいるのを発見し動画が拡散。 虫が発見されたのは四川省楽山市人民医院。虫を発見した ...

5

中国共産党が政治犯やウイグル人、法輪功学習者に対して行なっている拷問の一種ーーー電気拷問。おそらく内部の人間が流した映像だと思われます。 電 ...

6

「G20で香港問題を議題に」市民が各国領事館に陳情|香港デモ|G20|逃犯條例|hongkong extradition 米議員「G20で香 ...

-最新記事, 中国伝統文化百科, 中国歴史と名人聖人, 中国語の故事成語
-,

Copyright© 中国通 , 2022 All Rights Reserved.