最新記事 中国伝統文化百科 中国古人が残した古訓

【道家故事】 商道

投稿日:


修練に関する奥深い話です。一般の方は理解が難しいかもしれませんが、とても役に立つ物語なので、ご紹介します。

何をするにも、心を込めて行うと、その結果が伴ってくるのです。

科挙に失敗し、修行を始める

昔、科挙の試験に度々失敗した若い書生がいました。薄情な世間が嫌になり、書生は官職を諦め、俗世の名誉と利益を捨てて修行の旅に出ました。

人づてに聞いた山の洞窟に行き、道士に弟子入りしたいと申し出ました。道士は書生をじろりと見ると、ひそかに喜び、彼に聞きました。

「何を学びたいのだ?私は石を金に変える術、空を飛ぶ法、他の空間に入る道もある」。

書生は迷うことなく真剣に答えました。「私はただ道を修めたいだけです」。

それからの毎日、道士は書生に道を説き、書生は座禅を組み、禅定に入って修煉を重ねました。


数年の歳月が経ち、ある日道士が書生を呼び、こう言いました。「壮大な天宮を建てたいが資金が足りない。君は昼に山を下り、繁華街に行って頬紅を売り、夜には戻って座禅を続けなさい」。

弟子として師の言いつけに逆らうわけにはいきません。書生は師に聞きました。「頬紅を買うお金がないのですが、どこから手に入れたらよいでしょうか?」

道士がひと山の石を指さすと、石は一瞬で数箱の上等な「頬紅」に変わりました。師は石を金に変えることができるのに、なぜ自分は俗世に下りて、苦労して金を稼がねばならないのか、と書生は不思議に思いました。しかし、いくら疑問があっても、道を修める者は師の指示に従うしかありません。

書生は毎日、夜が明けると頬紅を担ぎ、いやいやながら山を下りました。書生はもともと内気な性格なため、街で大声を出して呼び売りするのが恥ずかしくて仕方ありません。最初のうちは、人通りが少なく静かな所に立ち、蚊の鳴くような声で「頬紅、頬紅」とつぶやきました。通りかかる人は、耳を澄まして聞かないと何を言っているのか全くわかりません。

離れた場所で静かに見ていた道士は、修行する者がこんなに世俗を恐れているのか、とため息をつきました。首を横に振りながら道士は瞬く間に、刀を抱え恐ろしい顔をした屠殺業者の姿に化け、書生に向かって怒鳴りました。「何をしている!」

「頬紅を売っています」と顔を赤らめながら書生。屠殺人は刀を書生の顔にあて「何を言っているのか分らない!」と怒鳴りました。書生は声の調子を整えると、刀を見ながら震えた声で「頬紅を売っています」と繰り返しました。

屠殺人は書生を睨みつけながら言いました。「売るのなら大声を出せ。そうでなければ、街が騒がしくて誰も聞こえない。もしまた声が小さいようであれば、商品を全部潰してやる」。

書生は街を見まわし、なぜこのようなごろつきと遭遇することになったのか、不思議に思ったのでした。しかし、頬紅を早く売らなければ、師の望みを叶えることができません。書生は開き直りました。臆病な気持ちを克服し、だんだんと大声で呼び売りするようになりました。

世俗に身を置かれていると、当然いろいろな事が目に入ってきます。人を罵る人、ケンカする人、いちゃつく人、子供の泣き声、ならず者の騒ぎなど。これらを毎日目にすると、煩わしい気持ちでいっぱいになりました。毎晩帰ってから座禅をしても、心が落ち着きません。師に聞くわけにもいかず、一人で悩み、一人で悟るしかありません。時間が経つにつれ、段々彼は悟りました。修行する者は道を修める為に来ており、心が道の中にいれは、おのずと世俗から遠ざかることができる。従って世俗に汚染されるのを恐れる必要はないということがわかりました。

道家修煉故事一ヶ月が過ぎても、頬紅は一つも売れません。「頬紅売りは道を修めるより難しい」と弱音を吐く時もありましたが、時が経つにつれわかってきました。師に与えられた仕事は喜んでやるべきだ。道を修めるには心を込めないといけないが、物を売るのも同じである。頬紅を売りたいなら、まずどんな人たちが頬紅を使うのかを知らないといけない。一般の婦人、水商売の人、宮廷の妃、金持ちの婦人など皆頬紅を使います。頬部を売るには、やはり女色に近づかなければなりません。それならば、どうやって道を修めるのか?女色の誘惑を退けるのは、容易ではない。まずは女性に頬紅を勧め、頬紅が似合うかどうか、きれいかどうかなど話をしなければならないのです。

悩み続けた書生は閃きました。男性だろうが女性だろうが、皆世俗の人間であるが、自分は道を修める者で世人を超えている。世俗の誰も自分の修煉に対する意志を動揺させることはできない。こう思うと、彼は人に接する時も、躊躇することなく平然とした態度を保つことができました。書生は積極的に様々な人たちに接しながら、自分の信念をしっかりと守り、世間の如何なる誘惑も、書生から見るとちっぽけなものにすぎません。

天宮では、女神が頬紅売りに励む書生をずっと観察していました。ある日、女神は世に降り、若い少女に化け、書生を試すことにしました。一方、常に心の中が禅定に入っている書生は、女色に心を動かすことはありません。女神は立ち去ると、今度は年を取った貴婦人に化け、頬紅を買いにきました。その頬紅を顔につけると、不思議な事が起こりました。なんと年老いた貴婦人が若々しい婦人に変わったのです。若返った貴婦人の噂はあっという間に街中に広まり、人々はわれ先にと頬紅を買い求めました。

ちょうどその日、廟を訪れていた皇太后の耳にも、この噂が入りました。不思議な頬紅のことを聞いた皇太后は、百両の黄金で頬紅を全部買い上げました。書生は師の願いがようやく叶えられると大喜びし、急いで帰途につきました。

途中の山道で、花を摘む少女たちをいじめる兵士たちに出くわしました。女性にとって、貞操を守ることは何より大事なことなので、傍観するわけにはいきません。長い間の呼び売りで鍛えられた銅鑼のように響く声で、書生は兵士たちに言いました。「私が百両の金を出す。無辜な少女たちを見逃してやりなさい」。兵士たちは大喜びし、すぐに少女たちを解放しました。

苦労して稼いだ百両の金が、一瞬でなくなりました。落胆した書生は仕方なく山に戻り、師に全てを打ち明けました。

しかし、道士は全てを知っていました。

道士は、色々な人物に化け、彼に試練を与えながらずっと見守っていたのです。書生が間違いを犯すと、すぐにヒントを与えて悟らせました。書生の話を聞きながら道士が空を指さすと、立派な宮殿が目の前に現れました。

道士が言いました。「君のお陰で、天宮はもう建てられた。頬紅を売っていた時、世俗に心を動かすことなかったため、修練が成就し、天界に宮殿が出来上がったのだ」。

書生はハッと悟りました。「なるほど!これが商道なのだ」

 

道家

修煉故事:商道

有個書生,屢考不中。世態的炎涼,使他決意放棄仕途的追求,拋棄趨之若鶩的塵世功名,出家尋道。經人指點后,書生來到一座山洞裡,欲拜道長為師。道長慧目望去,上下打量了一番,內心不禁暗暗自喜。然後緩緩的對他說:你想學甚麼?我有點石成金之術,有空行之法,有遁入之道。書生沒有多想,只是誠懇的說:弟子只想學道。於是,道長每天給他講道,教他打坐入定修煉。

 

幾年後的一天,道長叫來書生,對他說:他想建一座宏偉的天宮。但資金不足,所以想讓書生,白天到山下的繁華街市賣胭脂,晚上回來接着打坐修煉。書生看到師父已經吩咐下來了,做弟子的只有遵從。書生問:師父,弟子一貧如洗,去哪裡可以弄到胭脂呢?道長指着一堆石頭,一瞬間,這些石頭就都變成了最上等的胭脂,足有幾大箱。書生非常的不解,師父有點石成金之術,何苦讓弟子奔波世俗,掙錢呢?疑問歸疑問,修道的人,要遵從師父的意願是最重要的。

 

於是,書生每天天剛亮,就挑着胭脂,帶着滿心的不情願,下山了。書生本是斯文靦腆的人,還不習慣於在市井之間,像伙夫一樣,吆喝叫賣。所以一開始,書生站在安靜人少處,低着頭,以嗡嗡,細如蚊子的聲音,說著:賣胭脂嘍,賣胭脂嘍。偶有過路的人,要很仔細聽,才能聽到書生的叫賣聲。道長站在不遠處看着他,看他一個修道的,還如此懼怕世俗,道長一面看,一面搖頭。便化作粗魯的屠夫,提着刀,來到書生身邊,問他幹甚麼的?書生低着頭,紅着臉說:賣胭脂的。屠夫突然一聲大作,用刀架起了書生的臉,開足了嗓門說:說甚麼?聽不清。書生清了清嗓音,鎮靜了一下,看着刀,顫抖的說:賣胭脂的。屠夫說:賣,就得喊出來。街面那麼吵,你的聲音那麼小,誰聽的清呀!你的聲音再這麼小,我就把你的貨箱砍爛。

 

書生真是不明白,看着市井上你來我往的,井井有條,竟會陡然出現這麼一個無賴。想要完成師父的意願,就得儘快賣完胭脂。豁出去了,書生克服了膽怯,漸漸的自然吆喝叫賣起來。身在世俗,看的自然都是俗事,叫罵的,打架的,打情罵俏的,孩子哭,痞子鬧的,沒點安寧。可想而知,書生的厭世情緒了。每天晚上回來打坐,心也被攪的不安寧。他也不好問師父,只好自己想,自己悟。後來明白:修道人的心是為修道而來,心在道中,自然就能遠離世俗,怕甚麼呢?

 

一個月過去了,書生連一盒胭脂也沒有賣出去。有時不禁暗自叫苦:怎麼賣胭脂比修道還難呢?不過,後來漸漸能明白,既然師父讓賣胭脂,那我就高高興興的賣。修道要用心,賣也的用心,要想賣出貨,賺的錢,就得知道誰用胭脂。書生想了想,尋常婦人家,青樓的娼妓,宮廷后妃,富商寵妾,都用呀。可是轉念一想,賣胭脂就得接觸女色,那還怎麼修道呀?女色還真難過。要和人家講,要看人家,等人家塗上胭脂后,還的說適不適合,好不好看。一天,書生想到,不管男人還是女人都是世俗中人,都是人。我是修道人,是超越世俗的人。世俗的一切,包括人,怎麼能動得了我修煉的志向呢?想到這些,書生便不再覺的,接觸人有甚麼難為情的。心一下坦然了。書生開始接觸形形色色的人,因為把住了心,所以花花世界,在書生的眼裏,都顯的暗暗發沉。塵世嘛,不土才怪?

 

至此,有天宮神女看到書生的想法所動。於是下世,化成妙齡女郎,故做千百嬌媚姿態,以試書生。儘管白天書生賣胭脂時,不能打坐修煉,但心時時刻刻都處於定中,自然不為女色所動。神女見書生定力了得,離去后,又化作年邁色衰的貴婦,來買胭脂。貴婦買下胭脂后,便立刻塗在臉上,瞬間只見珠黃的容貌還原成貌美的少婦。眾人見狀,紛紛驚訝萬分,世上竟有如此神奇的胭脂。消息一下傳遍了街市,眾人紛紛來買胭脂。那天,正逢太后進廟禮佛,看到街面人聲鼎沸,不禁好奇。於是派人詢問究竟。當知胭脂的神奇后,隨即出資百金,買下了全部的胭脂。書生看着百兩的黃金,心想,師父的願望終於可以完成了,高高興興的挑着黃金,回山彙報師父。

 

半途中,書生看到一隊軍馬,正企圖凌辱一群正在採花的少女。自古貞潔為重,豈能袖手旁觀。長久的吆喝叫賣,以使書生的聲音不再羞澀,反而洪亮如鍾。書生說:我有黃金百兩,願全部送給將領,希望將領放過這些無辜的少女。將領一看兩擔的黃金垂手可得,頓時眉開眼笑,歡喜的不得了,立刻答應書生放過了這些少女。真是世事無常呀,剛才還有百金,完成師父修建天宮的願望,一轉眼,就甚麼都沒有了。書生難免有些失落,回到山上,一一告訴了道長。

 

其實,道長一直在看着書生的修煉,化成不同的人,前前後後,左左右右的看着他,稍有不對,便立即點化。聽着書生的講述,道長往虛空一指,書生便看到了一座美麗的宮殿。道長說:你已經幫我建成了天宮。這就是你賣胭脂時,心不為人世所動,在天界修出的的宮殿。書生不禁“哇”的一聲:“原來,這就是商道呀!”(正見ネット)

おすすめ記事&Ad






この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

新着記事

1

アメリカの公開オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント』(英: America's Got Talent、略してAGT)にまたすごい ...

2

中国のある農民が釣った魚が、ネット上で話題を集めています。 6月5日、貴州省の農民が釣りを楽しんでいました。しかし、釣り上げた魚を見たときは ...

3

中国大連市には2000年前後、ドイツの解剖学者ギュンター・フォン・ハーゲンス氏などが経営する死体加工場があった。工場で加工された人体の実物標 ...

4

住む場所も違い、互いに何の接点もない30人以上もの大学生が、武漢で相次いで失踪。中国でこんな不可解な事件が起きていたことが明らかになった。だ ...

5

2月2日、中国・安徽省臨泉県長官鎮の共産党幹部が、貧困問題を解決するという名目で、鎮長の案内の下、鉄仏村に視察に行きました。 流石に中国。貧 ...

-最新記事, 中国伝統文化百科, 中国古人が残した古訓
-, , ,

Copyright© 中国通 , 2018 All Rights Reserved.