最新記事 check!中国ニュース

なんでも電子化 お年玉も電子マネー

投稿日:


お年玉も電子マネーに、中国で大人気

お年玉の習慣が根強い中国では、昨年から始まった「電子マネーのお年玉」(電子紅包)が爆発的な人気を見せ、19日からの旧正月で利用者が急増し、話題となっている。


AFP通信の報道によると、大手ポータルサイトのテンセント(騰訊)が運営する無料メッセージアプリ「微信(WeChat)」が昨年の旧正月にこのサービスを初めて導入したところ、10日間で約800万人が4000万件以上の「」を贈った。

それを受け、電子商取引大手アリババ(阿里巴巴)も参戦し、両社は激しい競争を繰り広げている。

中国国内メディアによると、両社が発表した今年の大晦日の18日の電子マネーお年玉利用総額は、テンセントの10.1億元(約190億円)に対し、アリババは40億元(760億円)と圧勝した。
操作はとても簡単。贈る側はアプリ内で、お年玉の金額や、銀行口座またはクレジットカードなどの支払情報を入力すれば完了。

「少額でも気軽に贈れる」「現金を用意するなどの手間が省ける」「会えない人にも贈れる」などと若者の間で大人気だが、「人情味が乏しい」など支持しない声も少なくない。(大紀元)

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

新着記事

1

「G20で香港問題を議題に」市民が各国領事館に陳情|香港デモ|G20|逃犯條例|hongkong extradition 米議員「G20で香 ...

2

中国のアフリカ豚コレラ感染がすごいことになっているようです。 すでに16の省・直轄市で感染が確認されたと当局が発表しているが、実際はもっとひ ...

3

中国では病院で手術を受けたら、後から腎臓が片方がなくなったことに気づいた、などの話をネットで見かけることがあります。 正常な、普通の社会で暮 ...

4

8月21日午後3時ごろ、中国で殺人事件が発生しました。 しかし、普通の殺人事件ではなく、追い詰められた行商人がカッとなって、公務執行中の「城 ...

5

アメリカの公開オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント』(英: America's Got Talent、略してAGT)にまたすごい ...

6

中国のある農民が釣った魚が、ネット上で話題を集めています。 6月5日、貴州省の農民が釣りを楽しんでいました。しかし、釣り上げた魚を見たときは ...

7

中国大連市には2000年前後、ドイツの解剖学者ギュンター・フォン・ハーゲンス氏などが経営する死体加工場があった。工場で加工された人体の実物標 ...

8

住む場所も違い、互いに何の接点もない30人以上もの大学生が、武漢で相次いで失踪。中国でこんな不可解な事件が起きていたことが明らかになった。だ ...

9

2月2日、中国・安徽省臨泉県長官鎮の共産党幹部が、貧困問題を解決するという名目で、鎮長の案内の下、鉄仏村に視察に行きました。 流石に中国。貧 ...

-最新記事, check!中国ニュース
-, , ,

Copyright© 中国通 , 2019 All Rights Reserved.