最新記事 check!中国ニュース

なんでも電子化 お年玉も電子マネー

投稿日:

お年玉も電子マネーに、中国で大人気

お年玉の習慣が根強い中国では、昨年から始まった「電子マネーのお年玉」(電子紅包)が爆発的な人気を見せ、19日からの旧正月で利用者が急増し、話題となっている。


AFP通信の報道によると、大手ポータルサイトのテンセント(騰訊)が運営する無料メッセージアプリ「微信(WeChat)」が昨年の旧正月にこのサービスを初めて導入したところ、10日間で約800万人が4000万件以上の「」を贈った。

それを受け、電子商取引大手アリババ(阿里巴巴)も参戦し、両社は激しい競争を繰り広げている。

中国国内メディアによると、両社が発表した今年の大晦日の18日の電子マネーお年玉利用総額は、テンセントの10.1億元(約190億円)に対し、アリババは40億元(760億円)と圧勝した。
操作はとても簡単。贈る側はアプリ内で、お年玉の金額や、銀行口座またはクレジットカードなどの支払情報を入力すれば完了。

「少額でも気軽に贈れる」「現金を用意するなどの手間が省ける」「会えない人にも贈れる」などと若者の間で大人気だが、「人情味が乏しい」など支持しない声も少なくない。(大紀元)

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

新着記事

1

煙が「立ち上る」?「立ち上がる」? 「煙が立ちのぼる」の「のぼる」は 「上る」? それとも「昇る」? これを調べるために、グーグル様にお聞き ...

2

中国・北京では、今年9月に「2021年世界ロボット大会」が開かれ、バク転できるロボット犬、ピアノを演奏するAIロボット、流暢に中国語を話す世 ...

3

11月8日〜11日までの4日間の日程で、中国共産党の六中全会が開かれ、「歴史決議」が採決されたとか。 「歴史決議」は毛沢東、鄧小平時代に採択 ...

4

12月16日夜、中国四川省楽山市の男性が点滴バッグの中に虫がいるのを発見し動画が拡散。 虫が発見されたのは四川省楽山市人民医院。虫を発見した ...

5

中国共産党が政治犯やウイグル人、法輪功学習者に対して行なっている拷問の一種ーーー電気拷問。おそらく内部の人間が流した映像だと思われます。 電 ...

6

「G20で香港問題を議題に」市民が各国領事館に陳情|香港デモ|G20|逃犯條例|hongkong extradition 米議員「G20で香 ...

-最新記事, check!中国ニュース
-, , ,

Copyright© 中国通 , 2022 All Rights Reserved.