最新記事 中国伝統文化百科 中国歴史と名人聖人 中国語の故事成語

中国のことわざ:宰相肚里能撑船

投稿日:


中国のことわざに度量のある人物のたとえとして、「宰相肚里能撑船(宰相の腹の中は船に竿をさせるほど大きい。つまり度量が大きい)」という言葉がある。求められるリーダーとは、的確な指導力と行動力、広大な忍耐力と寛容な心を兼ね備えた人物であろう。それは、古代から現代に至るまで変わらないものだ。

 

zǎixiàngnéngchēngchuán

 

中国の宋の時代、3人の皇帝に仕えた富弼(ふひつ)という宰相がいた。彼は若い頃から度量が広く、寛容であったと記録にある。『宋史』によると、彼は「質素で礼儀正しく、他人に話す時は、たとえ相手が自分より若く社会的地位が低くても、同様に相手を尊重して話した。彼の容貌には落ち着きがあり、恭しく、滅多に怒らなかった。彼の天性は善良で、邪悪を嫌った」

 

富弼は他人から罵られても、その罵声は彼の耳に届かなかった。まるで、彼には悪口が聞こえないかのようだった。ある日、隣にいた彼の知人が言った。「あの男は、君を罵っているぞ」。富弼は言った。「たぶん、他の人を罵っているのだろう」。知人は再び、富弼に言った。「あの男は、君の名前を叫んでいるじゃないか」

 

「同姓同名の人はたくさんいるよ」富弼は静かに答えた。大きな声で罵っていた男は、富弼の言葉を聞くと静かになった。

 

富弼は息子たちにも常に言い聞かせた。「寛容は、多くの問題を解決する。もし正直で高潔で、簡素で飾らず、親切であれば、その人物は何でもやり遂げることができる」

 

明の時代の袁了凡は、他人の謗りに対する対処法を書き残している。「もし怒りが爆発する者は、自分に言い聞かせるとよい。全ての人には、欠点がある。時に、人が礼儀に欠けていたとしても、なぜそれに自分が動かされるのか?憤慨する理由など何もない。もし他人の態度が適切でなかったとしても、それは自分の徳が足りないからであり、自分を正して彼に手本を見せればよい」

 

もし他人が自分を罵り陰口をたたいても、怒る必要はない。広い空に向かって燃えさかる火も、いつかは消えてしまうものだ。もし、誹謗中傷を受けた時に自分を守ろうとすれば、それはあたかも蚕が絹を吐き出し繭を作り出すように、結局自分をもつれさせ、殻に閉じ込めてしまう。怒りは何も解決することができず、ただ自分自身に害を及ぼすだけなのだ。(大紀元)

 

おすすめ記事&Ad






この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

新着記事

1

中国のアフリカ豚コレラ感染がすごいことになっているようです。 すでに16の省・直轄市で感染が確認されたと当局が発表しているが、実際はもっとひ ...

2

中国では病院で手術を受けたら、後から腎臓が片方がなくなったことに気づいた、などの話をネットで見かけることがあります。 正常な、普通の社会で暮 ...

3

8月21日午後3時ごろ、中国で殺人事件が発生しました。 しかし、普通の殺人事件ではなく、追い詰められた行商人がカッとなって、公務執行中の「城 ...

4

アメリカの公開オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント』(英: America's Got Talent、略してAGT)にまたすごい ...

5

中国のある農民が釣った魚が、ネット上で話題を集めています。 6月5日、貴州省の農民が釣りを楽しんでいました。しかし、釣り上げた魚を見たときは ...

6

中国大連市には2000年前後、ドイツの解剖学者ギュンター・フォン・ハーゲンス氏などが経営する死体加工場があった。工場で加工された人体の実物標 ...

7

住む場所も違い、互いに何の接点もない30人以上もの大学生が、武漢で相次いで失踪。中国でこんな不可解な事件が起きていたことが明らかになった。だ ...

8

2月2日、中国・安徽省臨泉県長官鎮の共産党幹部が、貧困問題を解決するという名目で、鎮長の案内の下、鉄仏村に視察に行きました。 流石に中国。貧 ...

-最新記事, 中国伝統文化百科, 中国歴史と名人聖人, 中国語の故事成語
-, , ,

Copyright© 中国通 , 2018 All Rights Reserved.