最新記事 日頃のつぶやき

可愛い!モンゴル族の「頂碗舞」を踊る3歳児

投稿日:

まず、下のYoutubeの映像をごらんください。

 

3歳の女の子が頭に茶碗を載せて踊っているのです。

さすが雑技が発達した中国らしい光景ですが、それにしてもあまりにも可愛いので、何度も見てしまいました。

 


この舞踊はモンゴル族の踊りで、中国語では「頂碗舞dǐng wǎn wǔ」と言います。

 

頭に数枚重ねた茶碗を載せて、くるくる回ったりして踊ります。結構激しい動きもあったりして、見ている方も手に汗を握りますが、さすが訓練を重ねていると、茶碗が落ちることはありません。

 

神韻芸術団( PERFORMING ARTS)の演目にもこの踊りがありまして、現場で見るとやはり迫力があって、すごかったです。モンゴルの踊り(茶碗に限らず、箸の舞など)のほか、チベット族、ウイグル族、イ族などの少数民族の踊りは毎年あるようで、とても楽しみです。
dǐng wǎn wǔ

 

ダンサーの語る頂碗の舞の秘訣

 

踊り子は、頭の上にミルクティーの入ったカップを頭の上に頂いて、「さあどうぞお客様」。あなたはこんなもてなしを受けたことがあるだろうか?これはモンゴルで数百年前から伝わってきた客人を歓迎する舞踊の一つ「頂碗舞」だ。

 

 この優雅な舞いを見る観客をがっかりさせないよう、お碗を頭上に載せたまま踊る練習をひたすら繰り返す。数え切れないほどの練習を経て、やっと完成。身体のバランスをしっかりと保ちながら、美しく踊れるようになる。

 

 しかし、実は、技は度重なる練習だけでマスターできるものではない。頭のてっぺんが平らであろうが、正真正銘の成吉思汗(ジンギスカン)の子孫であろうが、関係ない。その秘訣は自分の心をしっかり制御することだ。

 

 まず、頭のあらゆる雑念をなくして心を落ち着させること。踊りに夢中になるあまり頭上の碗を忘れてしまってはいけない。一方、おどおどしていていては様にならない。すべては心に任せ、頭上に託そう。最後に、「私ならできる」と言い聞かせる。そうすれば、いつでもこの香り高いミルクティーをお客様に差し上げられる。

 

ーープリンシパル・ダンサー、アリソン・チェンが語る頂碗の舞の秘訣(神韻公式ページプロファイルより)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

新着記事

1

煙が「立ち上る」?「立ち上がる」? 「煙が立ちのぼる」の「のぼる」は 「上る」? それとも「昇る」? これを調べるために、グーグル様にお聞き ...

2

中国・北京では、今年9月に「2021年世界ロボット大会」が開かれ、バク転できるロボット犬、ピアノを演奏するAIロボット、流暢に中国語を話す世 ...

3

11月8日〜11日までの4日間の日程で、中国共産党の六中全会が開かれ、「歴史決議」が採決されたとか。 「歴史決議」は毛沢東、鄧小平時代に採択 ...

4

12月16日夜、中国四川省楽山市の男性が点滴バッグの中に虫がいるのを発見し動画が拡散。 虫が発見されたのは四川省楽山市人民医院。虫を発見した ...

5

中国共産党が政治犯やウイグル人、法輪功学習者に対して行なっている拷問の一種ーーー電気拷問。おそらく内部の人間が流した映像だと思われます。 電 ...

6

「G20で香港問題を議題に」市民が各国領事館に陳情|香港デモ|G20|逃犯條例|hongkong extradition 米議員「G20で香 ...

-最新記事, 日頃のつぶやき
-, , , , ,

Copyright© 中国通 , 2021 All Rights Reserved.