最新記事 check!中国ニュース VIDEO 映像

7月26日、北京の米大使館付近で爆発!

投稿日:

・北京の米国大使館の近くで26日午後、爆発が発生。インターネットに投稿された動画では、煙がもくもくと上がっていると伝えられた。

目撃者からの通報で警察が現場に駆けつけ、現場は通行が規制されるなど、厳戒態勢が敷かれた。負傷者も出ているようだが、自爆したとの情報がある。

映像からは、地面にブルーのシートがかけられた人が映っていて、警察が慌ただしく動いているのが確認できる。自爆をした本人だとの情報がある。

近くのインド大使館からも鈍い爆発音が聞こえたと、インド大使がインドのテレビ局の取材に応じている。

北京の公安当局によると、男が爆発物に火を付けて爆発させ自らも手にけがをしたが、周囲の人にけがはなかったという。当局は、この26歳の内モンゴル自治区の男性を拘束した。

容疑者は内モンゴルの人?当局のこの発表は鵜呑みにできないですね。真相が明かされることを期待したいと思います。

爆発があったのは、米国の査証を発給する部門の近くで、事件当時、付近には多くの人がビザ手続きのために並んでいたそうです。

ロイター

3時過ぎにはいつも通りの様子に戻り、大使館外にはビザ申請の人々の列も再び見えたとのことです。

一方、風刺漫画家の「変態辣椒」さんがいち早く漫画を発表しました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

新着記事

1

煙が「立ち上る」?「立ち上がる」? 「煙が立ちのぼる」の「のぼる」は 「上る」? それとも「昇る」? これを調べるために、グーグル様にお聞き ...

2

中国・北京では、今年9月に「2021年世界ロボット大会」が開かれ、バク転できるロボット犬、ピアノを演奏するAIロボット、流暢に中国語を話す世 ...

3

11月8日〜11日までの4日間の日程で、中国共産党の六中全会が開かれ、「歴史決議」が採決されたとか。 「歴史決議」は毛沢東、鄧小平時代に採択 ...

4

12月16日夜、中国四川省楽山市の男性が点滴バッグの中に虫がいるのを発見し動画が拡散。 虫が発見されたのは四川省楽山市人民医院。虫を発見した ...

5

中国共産党が政治犯やウイグル人、法輪功学習者に対して行なっている拷問の一種ーーー電気拷問。おそらく内部の人間が流した映像だと思われます。 電 ...

6

「G20で香港問題を議題に」市民が各国領事館に陳情|香港デモ|G20|逃犯條例|hongkong extradition 米議員「G20で香 ...

-最新記事, check!中国ニュース, VIDEO 映像
-, ,

Copyright© 中国通 , 2021 All Rights Reserved.