最新記事 世界のこぼれ話

イルミナティと関係ある?Youtube再生回数新「世界一」誕生

投稿日:

一世を風靡した韓国歌手PSYの「江南スタイル(Gangnam Style)」。2012年7月15日にYoutubeにアップしてから2年半でアクセス数が21億を突破しました。

21億回の再生回数はYoutube側も予想できなかった数字だったため、急遽仕様をアップグレードしたとか。

そして2017年7月。Youtube再生回数世界一の座を受け渡す時が来ました。

「Gangnam Style」の再生回数を超え、世界一の座に君臨したのはたのはウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)とチャーリー・プース(Charlie Puth)の「See You Again」でした。

7月28日現在、「Gangnam Style」の再生回数は2,913,146,639 回。

一方、「See You Again」の再生回数は2,967,400,646 回で、「Gangnam Style」より5400万回も多いのが確認できました。

2015年4月6日にアップされた「See You Again」は、同年北米で公開された映画の中で最高の興行収入を記録した映画「ワイルド・スピード SKY MISSION」の主題歌に起用されています。

個人的な感想ですが、ウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)という人がどうしても好きになれません。歌はとてもうまいですが・・・

ウィズの写真を検索してみると、身体中に刺青を入れています。バケモノのようで、どうも好きになれません。

写真で判断する限り、彼は100%「麻薬常習犯」ですね。実際そういう疑惑も出ているようですが。

======

2017.08.07追加内容

(イルミナティ)に魂を売ると有名になれる!

youtubeで再生回数トップを記録したこの2人、この記事では当初曲のリンクをつけていましたが、外すことにしました。

理由は、2人ともイルミナティ(Illuminati)という秘密組織と関連していると判断したからです。

イルミナティ(中国語では光照帮または光明会)とは、わかりやすくに言うと「サタンを崇拝する悪魔教」です。彼らはずっと自分らの正体を隠してきておりました。目的は新世界秩序(NWO)だと表向きには言っていますが、一言でいうと「人々のモラルを下落させ、地獄に連れていくこと」です。

アジア諸国は知りませんが、イギリス王室を始め、ブッシュ、クリントン、オバマなどアメリカの歴代の大統領のほとんどがこの組織のメンバーで、彼ら(組織)のために動いているとのことです。組織のトップは宇宙人の一種である「レプティリアン」であるとも言われ、目撃証言も多数現れています。

アメリカの歴代の大統領のほとんどがイルミナティのメンバーと言われていますが、現職のトランプ大統領は明らかに違います。トランプ大統領は彼らの実態を知っており、彼らと戦っています(CNNなどイルミナティに掌握されたアメリカのほとんどのメディアがフェイクニュースを作り上げ、トランプ大統領を攻撃しているのはご存知だと思いますが、これに対しトランプ大統領は、ツイッターで自ら発信しています)。恐ろしいのは、日本や韓国など、世界中のメディアがアメリカのフェイクニュースをそのまま報じていることです。

イルミナティはまた、、音楽、テレビ番組の中に「、同性愛、性の解放」などの内容を入れて、人々にそのメッセージを常に発信し、洗脳を行っています。

その広告塔となっているのが、この記事で取り上げた二人や、レディガガ、マドンナ、ジャスティン・ビーバーや韓国のアイドルグループBIGBANG、EXO、少女時代、2NE1、BOAなどです。他にもいっぱいいます。ビートルズやマイケル・ジャクソンもそうだったようです。さらに、ディズニーもそうで、アニメ作品に彼らの思想を入れて、子供の時から洗脳を行うということです。

これらのメッセージを毎日頭にインプットすると、しまいには「、同性愛、性の解放、不倫、離婚などは別に悪いことではない」と思うようになるのです。(今まさにそうではありませんか?「同性愛は人権問題だ」なんて叫ぶ人がどれほど多いでしょう。恐ろしいことではありませんか)

なので、これらの人々の歌は聞かない方がいいです。地獄に行ってもいいと思うのなら別ですが・・・(๑˃̵ᴗ˂̵)و

このことについては、後日時間があればまた述べたいと思います。共産主義とも関係あるので・・・

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

新着記事

1

煙が「立ち上る」?「立ち上がる」? 「煙が立ちのぼる」の「のぼる」は 「上る」? それとも「昇る」? これを調べるために、グーグル様にお聞き ...

2

中国・北京では、今年9月に「2021年世界ロボット大会」が開かれ、バク転できるロボット犬、ピアノを演奏するAIロボット、流暢に中国語を話す世 ...

3

11月8日〜11日までの4日間の日程で、中国共産党の六中全会が開かれ、「歴史決議」が採決されたとか。 「歴史決議」は毛沢東、鄧小平時代に採択 ...

4

12月16日夜、中国四川省楽山市の男性が点滴バッグの中に虫がいるのを発見し動画が拡散。 虫が発見されたのは四川省楽山市人民医院。虫を発見した ...

5

中国共産党が政治犯やウイグル人、法輪功学習者に対して行なっている拷問の一種ーーー電気拷問。おそらく内部の人間が流した映像だと思われます。 電 ...

6

「G20で香港問題を議題に」市民が各国領事館に陳情|香港デモ|G20|逃犯條例|hongkong extradition 米議員「G20で香 ...

-最新記事, 世界のこぼれ話
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 中国通 , 2022 All Rights Reserved.