最新記事 中国伝統文化百科 中国語の故事成語

【日本語に生きる中国成語故事】牛耳る

投稿日:

人が集まると、それを取りまとめる人が現れる。「私」を捨て常に「他」のことを考え「公(おおやけ)」の利益を優先するとき、その人は人望厚きリーダーとなる。ところが、「私」の利権を考え独断で事を強引に推し進め、周りの者がそれに従わざるを得なくなったとき、その人は独裁者であり、そのグループを「牛耳る」者と見なされる。 それが日本社会の進む方向を左右するほどに大きな権威・権力を持つようになったとき、われわれはその動向を、大きな関心を持って注視しておかねばならない。どこに暴走していくかわからない危険性を合わせ持つから。

このような観点から「日本の行く末を握る会社・役所・団体を徹底解剖」して見せてくれているのが、『日本を牛耳る巨大組織の虚と実』(宝島社)。一読をお勧めする。

中国の春秋戦国時代、諸侯が一堂に会して同盟を結ぶとき、牛の血をすすって誓いを立てるという儀式が行われた。牛の耳を切り取り、玉のお皿に載せ、それを盟主が捧げ持つ。天地の神に祭ったのち、まずは盟主が牛の血を口に塗り、続いて、他の諸侯が次々にその血をすすって、天地の神に同盟の誓いを立てる。(『春秋左氏伝』より)

 

牛の耳を載せたお皿を最初に捧げ持つことができたのは、最も実力のある諸侯であったことから、「牛耳を執る」が主導権を握るという意味で使われるようになり、日本語ではそれがさらに「牛耳る」という動詞に変化したと考えられる。

 

ところで、「牛耳る」ということばが使われ始めたのは意外に新しい。田辺尚雄氏の『明治音楽館』に、一高時代の夏目漱石教授の授業の思い出を書いたくだりがあり、そこで、漱石が「牛耳を執る」を「牛耳る」、「野次を飛ばす」を「野次る」という具合に、次々に新しいことばを作り出していったと紹介されているという。金田一春彦が『日本語を反省してみませんか』に記している。 (大紀元)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

新着記事

1

煙が「立ち上る」?「立ち上がる」? 「煙が立ちのぼる」の「のぼる」は 「上る」? それとも「昇る」? これを調べるために、グーグル様にお聞き ...

2

中国・北京では、今年9月に「2021年世界ロボット大会」が開かれ、バク転できるロボット犬、ピアノを演奏するAIロボット、流暢に中国語を話す世 ...

3

11月8日〜11日までの4日間の日程で、中国共産党の六中全会が開かれ、「歴史決議」が採決されたとか。 「歴史決議」は毛沢東、鄧小平時代に採択 ...

4

12月16日夜、中国四川省楽山市の男性が点滴バッグの中に虫がいるのを発見し動画が拡散。 虫が発見されたのは四川省楽山市人民医院。虫を発見した ...

5

中国共産党が政治犯やウイグル人、法輪功学習者に対して行なっている拷問の一種ーーー電気拷問。おそらく内部の人間が流した映像だと思われます。 電 ...

6

「G20で香港問題を議題に」市民が各国領事館に陳情|香港デモ|G20|逃犯條例|hongkong extradition 米議員「G20で香 ...

-最新記事, 中国伝統文化百科, 中国語の故事成語
-,

Copyright© 中国通 , 2022 All Rights Reserved.