最新記事 check!中国ニュース

爆買いと貧民、どれが本当の中国の姿?

投稿日:


今年の旧正月は2月8日。

 

中国は大型連休の最中ですが、旧正月期間中(2月7日〜13日)外国を訪れる中国人は600万人に達するだろうとの統計が出ています。

この600万人のうち、日本にはどれほど来られるのでしょう。少なくとも1割以上、60万人以上が大挙してやってきているかもしれません。

 

メディア各社の報道からも「」という文字が躍っています。消費低迷が続く日本にとって、中国人の消費力はありがたいことでしょう(マナーのことはさておいて)。

 

去年一年で日本を訪れた中国人の数はおよそ500万人。外国人観光客全体のおよそ4分の1を占めており、一人当たり消費額もダントツトップだったそうです。

 

ラブホがツアー用ホテルに

ラブホテルの前で記念撮影?!

 

最近は、ラブホテルまでが中国人ツアー客の奪い合戦に参入しているとか。部屋やお風呂などがビジネスホテルよりも広いため、人気があるそうです。驚きです。

 

家電量販店では、まるで市場で野菜を買うかのように、炊飯器や自動掃除機、空気清浄機などをぽんぽんぽんぽん買っています。

 

神戸牛などを扱うステーキ屋では、中国人客がやってきては一人あたり数万円分を注文し、食べてくれます。

 

こういった光景を目にすると、中国人は誰もが金持ちで、中国は景気がとても良さそうに見えるかもしれません。

 

しかし、現実はどうなんでしょう。

 

中国の人口は14億(実際は15億人位いるはず)。そのうちの5〜10%が金落ちだとしてもかなりの人数です。そのわずか5%〜10%の人々が海外で金をばら撒いているのです。

 

残りの9割のごく普通の中国人はどんな暮らしをしているのでしょうか。

 

最近中国のネットにある写真がアップされました。

p7306862a895068561

黒竜江省の街頭で茶卵を売る80代老婦

 

p7306861a547898908

中国で最も寒い地方である黒竜江省の街頭で、80代の老婦が凍てつく中で「茶蛋」(茶卵)を売っているのです。

 

ゆとりのある家庭の人なら、マイナス30度の極寒の中で、茶卵を売ったりはしないでしょう。

 

投稿したネットユーザーの話によると、通行人の多くが老婦を気の毒に思い、茶卵を買って行っていたそうです。

 

さらには、熱い豚まんを差し入れする人もいたが、老人は「食べたいなら自分で買う。茶卵を売るのは暇つぶしと健康のため」と言っていたそうです。

 

「本当なのか?」と中国のネットでも話題になっているそうです。

 

おすすめ記事&Ad






この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

新着記事

1

中国のアフリカ豚コレラ感染がすごいことになっているようです。 すでに16の省・直轄市で感染が確認されたと当局が発表しているが、実際はもっとひ ...

2

中国では病院で手術を受けたら、後から腎臓が片方がなくなったことに気づいた、などの話をネットで見かけることがあります。 正常な、普通の社会で暮 ...

3

8月21日午後3時ごろ、中国で殺人事件が発生しました。 しかし、普通の殺人事件ではなく、追い詰められた行商人がカッとなって、公務執行中の「城 ...

4

アメリカの公開オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント』(英: America's Got Talent、略してAGT)にまたすごい ...

5

中国のある農民が釣った魚が、ネット上で話題を集めています。 6月5日、貴州省の農民が釣りを楽しんでいました。しかし、釣り上げた魚を見たときは ...

6

中国大連市には2000年前後、ドイツの解剖学者ギュンター・フォン・ハーゲンス氏などが経営する死体加工場があった。工場で加工された人体の実物標 ...

7

住む場所も違い、互いに何の接点もない30人以上もの大学生が、武漢で相次いで失踪。中国でこんな不可解な事件が起きていたことが明らかになった。だ ...

8

2月2日、中国・安徽省臨泉県長官鎮の共産党幹部が、貧困問題を解決するという名目で、鎮長の案内の下、鉄仏村に視察に行きました。 流石に中国。貧 ...

-最新記事, check!中国ニュース
-, , , , , ,

Copyright© 中国通 , 2018 All Rights Reserved.