最新記事 check!中国ニュース VIDEO 映像

中国警察の新しいおもちゃ

投稿日:

では、今年9月に「2021年世界大会」が開かれ、バク転できるロボットを演奏するロボット、流暢にを話す世界的な物理学者アルバート・アインシュンのロボットなどが登場しました。

早速、中国の街の中に、バク転ができるロボット犬が警察に連れられ、姿を現しました。

「PCR検査などの特別な状況を除いて、家から一歩も出ない、 集まらない。1mのソーシャルディスタンスを守るように」とロボット犬がパトロールしながら喋っています。

このに対するコメントが面白いので、ご紹介します。海外に住むは、洗脳が解けてない人もいますが、目覚めている人も多いです。

動画をご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=SRevFpraIhk

AI技術は今や、いろんなところに使われていますね。介護など人手の足りないところで力になれるのはもちろんいいことですが、どちらかと言うと、人間の監視に使われているのも多いので、心配ですね。

このような傾向は、中国だけでなく、ほかの民主国家でも見られています。

特に、家庭用スマート製品が個人情報を収集しているのは、すでによく知られていると思います。スマートテレビはもちろんのこと、スマートスピーカーが人の声を録音してサーバーに送ったり、台湾ではロボット掃除機が個人情報を中国のサーバーに送っているのが発覚しました。

とにかく、どこの国も、どんどん監視社会に向かって、進んでいます。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

新着記事

1

米国務省は3月20日、「2022年人権報告書」を発表しました。そのうち、ジェノサイド、人道に対する罪、国境を越えた弾圧、生きた人からの臓器狩 ...

2

検閲のない、健全なプラットフォームにあなたのチャンネルを作りませんか。

3

中国のスパイ気球に続き、米国内各地の港湾で操業している中国製のクレーンが中国共産党の新たなスパイツールになりかねないと懸念しされています。

4

インドネシアが、共産主義の流布と宣伝を違法とみなし、刑罰を科すると定めました 共産主義の宣伝は違法 12月6日、インドネシア議会は刑法改正案 ...

-最新記事, check!中国ニュース, VIDEO 映像
-, , ,

Copyright© シークレット・チャイナ , 2024 All Rights Reserved.