最新記事 中国伝統文化百科 中国歴史と名人聖人

唐代名医・孫思バクの「養生十二少」

投稿日:


孙思邈

(581年~682年)为唐代著名道士,医药学家。被人称为“药王”。

京兆华原(今陕西耀县)人。少时因病学医,后终成一代大师,其博涉经史百家,兼通佛典。他也是一位地位很高的道教人物。在很多道教宫观里都有"药王殿"。他医德高尚,重视养生,济世活人,是一位真正的道士。他是中国陕西耀县人,公元581年出生于一个贫穷农民的家庭。他从小就聪明过人,受到老师的器重,长大后开始爱好道家学说。由于当时社会动乱,孙思邈隐居陕西境内的秦岭太白山中,并渐渐获得了很高的声名。当时的朝廷下令征孙思邈为国子监博士,被他拒绝了。孙思邈在太白山研究道教经典,探索养生术,同时也博览众家医书,研究古人医疗方剂。他选择了"济世活人"作为他的终生事业,为了解中草药的特性,他走遍了深山老林。孙思邈还十分重视民间的医疗经验,不断积累走访,及时记录下来,终于完成了他的不朽著作《千金要方》。

wikipediaによると・・・

孫 思邈(そん しばく、541年 - 682年)は、中国唐代の医者、道士。生年は541年、581年とも。中国ないし世界史上有名な医学者、薬物学者、薬王とも称され、多くの中国人は医神として奉っている。
孙思邈3

概要

京兆府華原県(陝西省耀県)の出身。新唐書によると、彼は7歳で学業を始め、日に暗誦すること1千字あまり、百家学説に通じていたという。老荘思想、推歩、数術に通じており、その一方で仏典にも精通していた。 彼は小さい頃から多病で、周りの百姓はみな貧しく、多くの人が病気を治すお金がなく死んでいった。 そのような周囲の影響により18歳の頃から医学を志すようになり、一生涯勤勉に研究実践を続けていった。

数次にわたり、皇帝に召されるも、全て固辞し、山中に隠遁して著作に専心したという。医学書、仏道二教にわたる著作をなしたが、主著としては、『備急千金要方』(略称『千金要方』)30巻、『千金翼方』30巻の両大著が知られる。

『千金要方』はすでに近代臨床医学の分類方法をとっており、中国史上最初の臨床医学百科全集とも言われる。『千金翼方』は『千金要方』の補完版であり、682年に完成した。

神仙家としても知られており、後世の道教徒たちは、仙人として尊崇した。薬上真人と尊称され、医神として薬王廟に祀られる。

 

藥王孙思邈

 

 孫思バクの「養生十二少」

唐代の名医・(そん・しばく)は中国の歴史上、著名な医学者であっただけでなく、百歳以上生きた長寿者でもありました。これには孫思バクの「養生之道」と関係があります。

 

孙思邈「千金方」

孫思バクは代表作『千金要方』に「考慮少々、念少々、欲少々、好奇心少々、言語少々、笑い少々、悩み少々、楽しみ少々、喜び少々、怒り少々、好き少々・嫌い少々」という「十二少(十二の少々)」の養生法を書き、「これは養生において肝心なものである」と指摘しました。「十二少」は孫思バクが自ら実践した「養生之道」であることが分かります。
「少」は「多」に比べ、度を超してはいけないという意味です。「七情六欲」は人間として避けられない精神・情・志の活動ですが、孫思バクは「考慮、念、欲、悩み、楽しみ、喜び、好奇心、言語、好き嫌い、怒り、笑い」を「少」にすることが大事であると考えました。「節制し、度を越さない」ことが重要です。

「考慮」を例にすると、人は生活や自然環境・社会環境に適応するために「考慮」が必要です。しかし、考えすぎると心臓と脾臓に損傷をもたらしてしまいます。生活の中で問題が生じ、人々はそれに悩み、怒ります。しかし、大事なのは悩みを減らし、怒りを抑えることです。さもなければ、悩みで肺が、怒りで肝臓が痛みます。同様に、喜びすぎたり、楽しみすぎたりするのも精神的なエネルギーに損失を与え、早く衰えて寿命が縮まります。昔から、王様は享楽の中で悩みや苦しみの少ない生活をしてきましたが、長生きした人物は少ないのです。

多忙で享楽的な生活を送る現代人にとって、孫思バクの「養生十二少」を守ることは意義があるでしょう。

孙思邈的养生十二少

 

唐代名醫孫思邈,不僅是我國歷史上大醫學家,而且是位活了一百餘歲的老壽星,成為千古醫家之壽魁,這是和他的養生之道分不開的。

孫思邈在他的代表作《千金要方》一書中提出了“少思、少念、少欲、少事、少語、少笑、少愁、少樂、少喜、少怒、少好、少惡”十二少的養生方法, 並明確指出“行此十二少者,養性之都契也。”“都契”者關鍵之謂。可見“十二少”是孫氏身體力行的養生之道。所謂“少”。是與“多”相對而言的,是寓有切莫“太過”之意。“七情六欲”是人不可避免的精神情志活動,孫氏認為。對待“思、念、欲、愁、樂、喜、事、語、好、惡、怒、笑”貴在一個“少”字,有節制,不太過,堪稱實實在在的中肯之言,金針度人,要言不煩。舉其大哉,“心之官則思”,人要適應生活,適應自然環境和社會環境,就要用“思”。但若不加節制,思慮過度,就會損傷心脾。

人在生活中,難免有不如意的事情會使你發愁、動怒,但貴在盡量少發愁、少動怒。多愁傷肺,多怒傷肝。同樣過喜、過樂也會損精耗神,同樣會使人早衰折壽。古來帝皇何其多,整日沈溺於紙醉金迷、奢侈淫樂的生活中,不知愁苦為何物,可長壽者廖廖無幾。近幾年,國內外報導:遇到佳節良辰時死亡率比平時高,而且多有猝死的病例。原因何在,就是違背了孫思邈的一個“少”字,過分的喜悅、激動,超過了歡樂的“度”和“限”。現在,很多青年人自恃精力旺盛,為了貪一時歡樂,不惜違背正常的生活節律,通宵達旦地出入舞場、方城大戰,或縱酒狂飲,經常過度地消耗精神,其惡劣的後果──為以後的身體種下了病根、留下了隱患。一到中年,就會如堤崩潰,不可收拾。從上所述,可見孫思邈的養生“十二少”對當代的健康教育,仍有著深刻的指導意義。

原文:

多思則神殆,多念則志散,多欲則志昏,多事則形勞,多語則氣乏,多笑則臟傷,多愁則心懾,多樂則語溢,多喜則妄錯昏亂,多怒則百脈不定,多好則專迷不理,多惡則憔悴無歡。

譯文:

多思慮則心神不安,多思念則意志渙散,多貪欲則神誌昏迷,多勞動則形體勞累,多話語則中氣短乏,多笑則五臟受損,多愁則心被牽制,多樂則語言嘮叨,多喜則神昏顛倒,多憤怒則渾身血脈不安寧,多嗜好則執迷不悟,多憎惡則身心憔悴沒有歡樂。

 

Facebook


おすすめ記事&Ad






この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

新着記事

1

2月2日、中国・安徽省臨泉県長官鎮の共産党幹部が、貧困問題を解決するという名目で、鎮長の案内の下、鉄仏村に視察に行きました。 流石に中国。貧 ...

2

とても可愛いニャンコの映像。 一体何をおねだりしているのでしょうか😂 癒されてください🎵 Facebook ...

3

ドナルド・トランプ氏が大統領に当選して1年が過ぎましたが、米国国内では依然として逆風が吹き荒れています。主力メデイアの多くがトランプ叩きに精 ...

4

一面雪に覆われた真っ白な冬の景色、想像するだけでワクワクします。しかし我々には嬉しい季節であっても、野生の動物たちにとっては、餌の見つからな ...

5

羊飼いが羊たちと休んでいるように見えるこの絵。4匹の羊のほか、人の顔が隠されています。 Facebook おすすめ記事&Ad この記事が気に ...

6

2017年11月10日午後8時頃、中国・重慶市でエスカレーターが瞬時に崩壊する事故が発生しました。 Facebook おすすめ記事&Ad こ ...

7

タイのネット上で中国人カップルが「寺院」のような建物の前で記念写真を撮っている写真が話題となっています。 「寺院」の前の階段に座ってポーズを ...

-最新記事, 中国伝統文化百科, 中国歴史と名人聖人
-, , ,

Copyright© 中国通 , 2018 All Rights Reserved.