最新記事 世界のこぼれ話

金正恩が知られたくない北朝鮮の真実

投稿日:


11日、北朝鮮を訪問したイギリスのカメラマンMichal huniewicz氏が北朝鮮の日常を映した衝撃的な写真を公開しました。

これらの写真はカメラマンが命の危険を冒して撮影したものだそうです。

期間中、ガイドからは撮りすぎると捕まるかもしれないと警告されることばしばしばあったそうです。

北朝鮮8

車がほとんどない北朝鮮の道路

北朝鮮7

中国(右側)と北朝鮮(左側)

北朝鮮6

記念品の一種:北朝鮮の母ーキムジョンスク

北朝鮮5

外部の人とは会話をしない店の従業員

 

北朝鮮4

起床時間から就寝時間まで政府が決める

 

北朝鮮3

政府の許可なしでは旅行もできない北朝鮮

北朝鮮2

ライトで明るい中国側と真っ暗な北朝鮮側

北朝鮮1

随所で見られる北朝鮮の兵士

おすすめ記事&Ad






この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

新着記事

1

中国のアフリカ豚コレラ感染がすごいことになっているようです。 すでに16の省・直轄市で感染が確認されたと当局が発表しているが、実際はもっとひ ...

2

中国では病院で手術を受けたら、後から腎臓が片方がなくなったことに気づいた、などの話をネットで見かけることがあります。 正常な、普通の社会で暮 ...

3

8月21日午後3時ごろ、中国で殺人事件が発生しました。 しかし、普通の殺人事件ではなく、追い詰められた行商人がカッとなって、公務執行中の「城 ...

4

アメリカの公開オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント』(英: America's Got Talent、略してAGT)にまたすごい ...

5

中国のある農民が釣った魚が、ネット上で話題を集めています。 6月5日、貴州省の農民が釣りを楽しんでいました。しかし、釣り上げた魚を見たときは ...

6

中国大連市には2000年前後、ドイツの解剖学者ギュンター・フォン・ハーゲンス氏などが経営する死体加工場があった。工場で加工された人体の実物標 ...

7

住む場所も違い、互いに何の接点もない30人以上もの大学生が、武漢で相次いで失踪。中国でこんな不可解な事件が起きていたことが明らかになった。だ ...

8

2月2日、中国・安徽省臨泉県長官鎮の共産党幹部が、貧困問題を解決するという名目で、鎮長の案内の下、鉄仏村に視察に行きました。 流石に中国。貧 ...

-最新記事, 世界のこぼれ話
-, ,

Copyright© 中国通 , 2019 All Rights Reserved.