最新記事 中国古人が残した古訓 日頃のつぶやき

人生は なぜ辛いの?

投稿日:


今日は5月の最後の日。

新しく社会に出た新米社会人はまだ「5月病」に悩まされているのでしょうか。

。誰もが人生は辛いと思っています。生まれて何の苦労もせず、不幸にも見舞われず、病気もせず、幸せに一生を終わらせる人なんて、どこにもいません。

もしそのような人がいるとしたら、彼はきっと人間ではなく、神様です。しかも生きているのは人間世界ではなく、天国でしょう。

 

人間に生まれた以上、「」という自然のルールに制限され、産声をあげたその日から死ぬその日まで、様々な苦難、紆余曲折を経験します。

なぜでしょう?!

考えてみる価値のある問題だと思います。

 

五行

 

■人生がつらい原因とは

 

時の経過と共に、止められないのが老化現象。顔の皺や白髪、身体の衰えは自然現象であり、誰にでもやってくるものです。

 

しかし、気をつけなければならないのは、人に対する愚痴、不満、嘲りといった心の老化。それは、肥大した「自己」の裏返しであり、自分の夢、プライド、名声が満たされないことの現れとも言えます。

 

心の老化の芽に気づいたら、早めに摘むことが必要です。なぜなら、「自己」が肥大すればするほど、よりずる賢くなったり、物事におっくうになったりするからです。それでは、心の老化した人の結末は、一体どうなるのでしょうか?

 

次の古代の物語が教えてくれるかもしれません。

******

中国・河間府に馮樹楠(ヒョウ・ジュナンという人がいました。彼は学識が高く、才能ある文士だったが、なかなか成功することができなかった。彼にチャンスが訪れることは何度もあったが、なぜか彼はいつもそれを逃がしてしまう。

 

馮樹楠が知人に助けを求めると、知人は快く承諾するのだが、彼らは結局約束を果たさないのだ。このような事が繰り返し起こり、馮樹楠は金銭的にも苦しい生活を送った。そして彼の心は知人たちへの恨みで一杯だった。ある日、彼は廟を訪れ、心から祈った。

 

「なぜ、私の人生はこんなにもつらいのか?できることなら、教えてほしい」

 

その夜、馮樹楠の夢に仙人が現れ、厳かに言った。

 

「お前は、誰を非難することもできない。自分の運命は、自分が決めたことなのだから。

 

前世で、お前は偽善的な話を雄弁に語り、誠実で親切な年長者たちを騙し、彼らの信頼を得た。お前はやるべき事をやらず、仕事を他人に押し付け、そのくせ他人が成功すると、それをうまく自分の手柄とした。自分に少しでも不都合な事があれば巧みにそれを回避し、知らんふりをした。ほんの少し手を差し伸べるだけで人を助けられるのに、面倒だと思い、何もしなかった。とても計算高く、ずる賢い! 

 

考えてもみよ、お前は一見いい人に見えるが、その分他人が損をこうむり、陰で苦しんだのだ。現世で多くの知人がお前との約束を果たさず、お前の現状に無関心だったとしても、仕方がないだろう」

 

馮樹楠は過去の過ちを心から悔やんだが、ほどなくして病にかかり、亡くなってしまった。

 

何事にも原因があり、結果がある。

 

それは目に見えない天の掟であって、誰もがそのルールに従って人生を送っている。負うべき責任を受け入れ、やるべき仕事をこなし、人には正直に、親切に対応する。

 

シンプルで純粋な人ほど、実は一番、運を味方につけることができるのだ。

 

****

 

全ては結局自分が撒いた種、ということですね。

 

因果応報は天理。

 

日本語に「天に唾する」という言葉がありますが、自分がやった全ては結局は自分のところに戻ってくる、ということですね。

 

中国人のみならず、世界中の人が心の中に刻んでおくべき言葉だと思いました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

新着記事

1

中国のアフリカ豚コレラ感染がすごいことになっているようです。 すでに16の省・直轄市で感染が確認されたと当局が発表しているが、実際はもっとひ ...

2

中国では病院で手術を受けたら、後から腎臓が片方がなくなったことに気づいた、などの話をネットで見かけることがあります。 正常な、普通の社会で暮 ...

3

8月21日午後3時ごろ、中国で殺人事件が発生しました。 しかし、普通の殺人事件ではなく、追い詰められた行商人がカッとなって、公務執行中の「城 ...

4

アメリカの公開オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント』(英: America's Got Talent、略してAGT)にまたすごい ...

5

中国のある農民が釣った魚が、ネット上で話題を集めています。 6月5日、貴州省の農民が釣りを楽しんでいました。しかし、釣り上げた魚を見たときは ...

6

中国大連市には2000年前後、ドイツの解剖学者ギュンター・フォン・ハーゲンス氏などが経営する死体加工場があった。工場で加工された人体の実物標 ...

7

住む場所も違い、互いに何の接点もない30人以上もの大学生が、武漢で相次いで失踪。中国でこんな不可解な事件が起きていたことが明らかになった。だ ...

8

2月2日、中国・安徽省臨泉県長官鎮の共産党幹部が、貧困問題を解決するという名目で、鎮長の案内の下、鉄仏村に視察に行きました。 流石に中国。貧 ...

-最新記事, 中国古人が残した古訓, 日頃のつぶやき
-, , ,

Copyright© 中国通 , 2019 All Rights Reserved.