最新記事 中国歴史と名人聖人

夢と現実 

投稿日:


なぜ人は夢を見るのでしょうか。そのシーンは時に懐かしかったり、可笑しかったり・・・。

 

謎はいまだに解明していませんが、何度も繰り返し見る夢は、あなたの潜在意識からのメッセージかもしれません。古代中国には、夢と前世のつながりを描いた物語があります。

北宋の頃、黄庭堅(こう・ていけん、1045-1105)という非常に優秀な男がいた。彼は詩と書画に優れ、23歳で進士に及第し、26歳で安徽省蕪湖県の長官に任命された。

 

ある日、黄は夢の中で、見知らぬ村に向かっていた。

 

村に入ると、ひとりの老婆が祭壇に線香を上げながら、誰かの名前をぶつぶつとつぶやいていた。黄が近づいてみると、そこにはセロリが入った美味しそうなうどんが供えられている。彼はうどんに手を伸ばすと、スープごと全部たいらげた。

 

目を覚ました黄は、夢があまりにも鮮明だったことに驚いた。それだけでなく、自分の口の中には、さっき夢で食べたばかりのセロリの匂いも残っている。しかし黄は、これはただの夢であると自分に言い聞かせ、そのうちに忘れてしまった。

 

次の日、黄は昼寝をしているときに、再び同じ夢を見た。目覚めると、再び口の中にはセロリの匂いが残っている。黄は不思議に思い、夢の中で歩いた道を実際に辿ってみることにした。彼は道の両側に、夢でみた光景と同じ景色が広がっているのが分かった。

 

夢に出てきた老婆を探し出すと、黄は彼女にセロリが入ったうどんを祭壇に供えたかと聞いた。すると老婆は、「昨日は、亡くなった娘の26回忌です。彼女はセロリ入りうどんが大好きだったので、この家に帰ってきて食べられるよう、供えたのです」と言った。

 

黄は、ちょうど昨日、自分が26歳の誕生日を迎えたことを思い出しながら、老婆に亡くなった娘について尋ねた。老婆によると、娘は読書が好きで、よく仏教に関する本を読んでいたという。輪廻転生を信じていた彼女は、26年前に病気で亡くなる直前に、必ずまた戻ってくると老婆に約束したという。

 

老婆は黄を家に招きいれ、娘が大事にしていたという木製の箪笥を見せた。中には娘が読んだ本が入っているのだが、あいにく鍵がないので開かないのだという。そのため、箪笥は何年もの間、開けられていなかった。

 

不思議なことに、黄は鍵の在りかを知っていた。彼が鍵を使って箪笥を開けてみると、中には娘がかつて読んだ数十冊の本と、彼女が書きつけた文章があった。それらの文章を読んでみると、黄が科挙の試験のときに書いた内容と全く同じだった。その時、黄は自分が娘の生まれ変わりであることを悟り、老婆と抱き合って泣いた。その後、黄は老婆に心から孝行を尽くしたという。

 

世の中には類まれな才能と運に恵まれた人がいる。それは、もしかしたら過去に培った努力の結果なのかもしれない。
黄庭堅書道作品
(中国語)

梦与真实 黄庭坚奇梦识前缘

宋代大诗人黄庭坚,自号山谷。他出自苏东坡门下,诗与东坡齐名,当时人称他们为“苏黄”。他是“江西诗派”的宗主,影响极大。而黄庭坚的词,在历代则褒贬不一,因人而异,看法落差很大。因为他留存到现在的近两百首词中,品类很杂,高下悬殊。黄山谷的诗书画号称“三绝”,他不只有文名,也非常的孝顺,也因为这个原因,而遇到了一件影响他一生的大事。

 

山谷中进士后,就被朝廷任命为芜湖地方的知州,那时他才二十六岁。有一天午睡时,他做了一个梦,梦见自己走出衙府大门,来到了一户人家前。门口有一位老婆婆,站在一张供桌前,桌上摆着一碗芹菜面。而婆婆手上拿着香,一边呼喊着:“某某人!回来吃面了。”山谷不自觉的端起面来就吃,吃完后就走回衙府中去了。等到午睡醒来后,梦中之事,历历在目,而口中还留有芹菜的香味呢,让他真是百思不得其解。

 

等到第二天午睡时,梦中他又来到了昨天的地方,而口中还留着芹菜的香味,山谷不禁惊醒,飞快的爬起来穿好衣服,循着昨天日梦中所记忆的路走去,最后来到一户人家门前。敲门后一看,出来应门的正是昨天梦中所见的婆婆。

 

山谷便问她昨日吃面之事。婆婆说:“昨天是我女儿的忌日,因为她生前最喜欢吃芹菜面,所以每年在她忌日这天,我都会供一碗芹菜面,喊她回来吃。”山谷问她女儿去世多久了,婆婆说:“已经二十六年了。”山谷心想,自己今年也正是二十六岁,而昨天也正是自己的生日。诧异之余,就跟婆婆聊起她女儿在世时的种种情形。

 

婆婆说,她女儿在世时非常喜欢读书,而且吃素信佛,也很孝顺,后来在她二十六岁时生病死了。死前还告诉她,一定会回来看她的。婆婆并指着屋中一个大木柜说,她女儿生平所看的书,全都锁在里面,只是不知道钥匙放到哪里去了,所以一直无法打开。

 

奇怪的是,山谷那时突然记起了,以前放钥匙的地方,并且找出钥匙打开木柜,在里面发现了许多文稿。他仔细一看,大吃一惊,原来他今生每次参加考试所写的文章,竟然全在这些文稿中,而且一字不差。

 

至此,山谷心中已完全明白了,这老婆婆就是他前世的母亲啊!于是将婆婆接回衙府中,奉养余年,后来他自己也走上了吃素习禅的路。

 

清代的文学家袁枚,在听到这个故事后,不禁叹息道:“书到今生读已迟”,意思是说,一个大文学家的产生,不只是一生一世的事情啊!而传诵千古的文学作品,往往是经过累生累世的反覆酝酿而成就的!

 

前世今生,牵牵绊绊,看似玄奇,未必子虚。在人生中,一些偶然的相遇,也许其中就包含着许多不为人知的因缘呢!(正見網)

 

Facebook


おすすめ記事&Ad






この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

新着記事

1

中国大連市には2000年前後、ドイツの解剖学者ギュンター・フォン・ハーゲンス氏などが経営する死体加工場があった。工場で加工された人体の実物標 ...

2

住む場所も違い、互いに何の接点もない30人以上もの大学生が、武漢で相次いで失踪。中国でこんな不可解な事件が起きていたことが明らかになった。だ ...

3

2月2日、中国・安徽省臨泉県長官鎮の共産党幹部が、貧困問題を解決するという名目で、鎮長の案内の下、鉄仏村に視察に行きました。 流石に中国。貧 ...

4

とても可愛いニャンコの映像。 一体何をおねだりしているのでしょうか😂 癒されてください🎵 Facebook ...

5

ドナルド・トランプ氏が大統領に当選して1年が過ぎましたが、米国国内では依然として逆風が吹き荒れています。主力メデイアの多くがトランプ叩きに精 ...

6

一面雪に覆われた真っ白な冬の景色、想像するだけでワクワクします。しかし我々には嬉しい季節であっても、野生の動物たちにとっては、餌の見つからな ...

7

羊飼いが羊たちと休んでいるように見えるこの絵。4匹の羊のほか、人の顔が隠されています。 Facebook おすすめ記事&Ad この記事が気に ...

8

2017年11月10日午後8時頃、中国・重慶市でエスカレーターが瞬時に崩壊する事故が発生しました。 Facebook おすすめ記事&Ad こ ...

9

タイのネット上で中国人カップルが「寺院」のような建物の前で記念写真を撮っている写真が話題となっています。 「寺院」の前の階段に座ってポーズを ...

-最新記事, 中国歴史と名人聖人
-, , ,

Copyright© 中国通 , 2018 All Rights Reserved.