最新記事 日頃のつぶやき

日本語の漢字の使い分け:煙が「たちのぼる」?「たちあがる」?

投稿日:

煙が「立ち上る」?「立ち上がる」?

「煙が立ちのぼる」の「のぼる」は

「上る」?

それとも「昇る」?

これを調べるために、グーグル様にお聞きしたところ、読売テレビのある記事に辿りつきました。

7月30日、福島県郡山市でガス爆発事故がありました。この日のお昼のニュースで、現場から中継した地元局の男性アナウンサーが、

「黒い煙が立ちあがり」と話しているのを聞いて、私は思わず椅子から「立ちあがり」ました。

「煙」は「立ちあがり」ません。「煙」は、「立ちのぼる」のです。漢字で書くと、

「立ち上る」=たちのぼる

「立ち上がる」=たちあがるです。

漢字の読み間違い?覚え間違い?

ガスにも、もちろん気を付けなければなりませんが、アナウンサーや記者は「言葉の使い方」にも、くれぐれも気を付けなくてはなりません。

これを読んで、私は思わず「ふき出し」てしまいました。

結局、「煙がたちのぼる」の答えは、「立ち上る」なんですね。でも、「立ち昇る」を使っているところもありました。

おかしくて「吹き出した」?「噴き出した」?

煙の問題は解決しましたが、次に新たな問題が。

「思わずふき出した」は、

「吹き出した」?

「噴き出した」?

正解は「吹き出した」ですが、中国語の場合は、面白くておかしくて吹き出したというときは「噴飯」という表現がありますが、この時は「噴き出す」なんですよね。

これは日本語でも使いますよね。

うん、とにかくややこしい。

それで日本では段々漢字を使わなくなっているのかな?とも思うのですが、使わないとどんどん使えなくなる。そのうち、韓国やベトナムのように、漢字を廃止することになるでしょう。

そうならないためにも、私たちはなるべく漢字があるものは、なるべく漢字を使うようにしています。

理由は簡単です。

漢字は、神が人間に伝えたものだからです。

神とのつながりを手放さない。

なぜなら、これは最後の望みだから。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

新着記事

1

煙が「立ち上る」?「立ち上がる」? 「煙が立ちのぼる」の「のぼる」は 「上る」? それとも「昇る」? これを調べるために、グーグル様にお聞き ...

2

中国・北京では、今年9月に「2021年世界ロボット大会」が開かれ、バク転できるロボット犬、ピアノを演奏するAIロボット、流暢に中国語を話す世 ...

3

11月8日〜11日までの4日間の日程で、中国共産党の六中全会が開かれ、「歴史決議」が採決されたとか。 「歴史決議」は毛沢東、鄧小平時代に採択 ...

4

12月16日夜、中国四川省楽山市の男性が点滴バッグの中に虫がいるのを発見し動画が拡散。 虫が発見されたのは四川省楽山市人民医院。虫を発見した ...

5

中国共産党が政治犯やウイグル人、法輪功学習者に対して行なっている拷問の一種ーーー電気拷問。おそらく内部の人間が流した映像だと思われます。 電 ...

6

「G20で香港問題を議題に」市民が各国領事館に陳情|香港デモ|G20|逃犯條例|hongkong extradition 米議員「G20で香 ...

-最新記事, 日頃のつぶやき
-, , ,

Copyright© 中国通 , 2022 All Rights Reserved.